勃起力低下は男性ホルモンの低下が大きく関係しています。

ページ
トップ

勃起力低下の原因は何がある?

男性ホルモンの低下

勃起力低下の原因はさまざまありますが、その原因のひとつに「加齢」を挙げることができます。

加齢によって男性ホルモンの分泌量が低下し、それにより精力減退・勃起力減退となってしまいます。
精力の低下は個人差がありますが、どんな男性でも必ず起こる事です。

男性ホルモン

男性ホルモンは生殖機能の働きを促しますが、その分泌量が低下すれば、当然勃起力も低下し、射精をコントロールする射精筋肉も衰え、早漏につながっていきます。
また、日々の生活や仕事の「ストレス」も男性ホルモンの分泌に異状を起こす要因となりますので注意しましょう。

男性ホルモンを増やす方法

ストレスなどで乱れてしまったホルモンバランスは改善することが可能です。
改善方法として「規則正しい生活」「食事バランス」「適度な運動」が挙げられます。

規則正しい食事と運動

まずは規則正しい生活を心がけ、たっぷりと睡眠をとりましょう。
規則正しい生活は早漏だけでなく、様々な生活習慣病にも効果がありますし、気持ちにゆとりをもつこともできます。

また、食事ですが男性ホルモンを増やす成分として、コレステロールとビタミンDが挙げられます。
ただし、コレステロールだけを摂取したり、ビタミンDだけを摂取したりすると、栄養が偏ってしまい、かえって逆効果となってしまうおそれもありますので注意が必要です。
最近ではサプリも増えてきていますので、上手く活用しながら早漏を改善しましょう。

サプリメントイメージ