食生活を整えることで、正常なホルモン分泌され性行為でもパフォーマンスを発揮することができます。

ページ
トップ

早漏改善と食生活

健康的な食事

早漏に悩む人にとってその改善策は気になるところです。

食生活と早漏というアプローチから考えてみましょう。

早漏とひとくちにいっても、精神的なことであったり心理的なことが大きく関係するので、食生活というアプローチはどれだけ効果があるのか疑問に感じられる人も多いでしょう。

しかし早漏というのは、あくまで肉体の問題であり、科学的にアプローチすることは的外れなことではありません。

特に食生活と健康というものは、切ってもきりはなせません。

その中でビタミンの重要性は高いといえます。

それは、ビタミンが不足してしまうと敏感肌になってしまうからです。

早漏とは、挿入における女性器との粘膜の摩擦に絶えられず早い時間で射精してしまうことです。

したがってこの粘膜と性器の摩擦に長い時間耐えられるペニスの耐久力が大切と考えるべきです。

そのためにはなによりも敏感な肌ということは克服しなければなりません。

そしてこの肌が敏感になってしまうのは、食物から得られるビタミンの不足から来ると考えられています。

ビタミンAなどは、皮膚や肌の粘膜の維持・生成に重要な栄養素であり、ほうれん草やにんじんなどの野菜、そしてバターやチーズなどの乳製品から摂取することができます。

また卵やレバーなどにも多く含まれています。

またビタミンCもコラーゲンの合成に必要で、副腎皮質ホルモンの合成も同時に促す作用を持っており、これが失われると肌のはりが失われたり、病気になりやすくなったります。

ピーマンやブロッコリーなどの野菜に多く含まれています。
レモンにも多く含まれているのに注目したいですね。

逆に肌を敏感にしないために摂らないほうがいい食べ物があります。

炭水化物や脂質をあまり多量に摂取してしまうことはいけません。

ラーメンや肉料理を摂りすぎるということは避けたいですね。

カップ麺やインスタント食品を日常的に食べて生活するという偏食は早漏だけでなく、全体の健康を考えて避けたいものですね。

これらの食生活と早漏との確実な因果関係は証明されていませんが、上述のポイントに気をつけて食事をすることは悪いことではありません。

このように早漏に絶対に効果的という栄養素は明確にはされていませんが、常に体のバランスをよく保ち、いざ女性とセックスをするというときになって、緊張したり興奮しすぎたりして早漏になってしまわないために有効な施策だと思います。

常に健康を維持し、体の体温を調整していくことは豊かなセックスにつながるでしょう。