日本人の8割は早漏?!

ページ
トップ

早漏とは?

早漏とは・・・

射精のタイミングを上手くコントロールすることができず、
「射精したい」と思うよりも早く射精してしまうこと

です。

お互い盛り上がって、二人ともが満足できるタイミングで射精するのがベストですが、
カップル そこまで行かずに早く終わってしまうと女性は少しさびしい気持ちになってしまいます。

もちろん、女性だけでなく男性としてもさびしくて辛い思いをしているはずです。

実は日本人男性の8割以上は早漏であると言われています。
しかしほとんどの男性は早漏を“恥ずかしい事”と捉えているため、なかなか表に出せません。

「○分以内なら早漏に当たる」というようにはっきりとした定義はありませんが、早い人だと女性の膣に挿入した瞬間、あるいは挿入前に射精に至ってしまう方もいます。
女性の膣への挿入から射精までの平均は、18歳から30歳までの日本人で約7分から9分といわれています。
こららを加味した上で考えますと、やはり挿入から射精まで5分程度以下で射精に至ってしまう方は“早漏”といえるのではないでしょうか。

悲しむ女性

ただし、正確には射精の早い遅いではなく「女性が満足する前に射精してしまう」という意味で用いられています。

つまり"何分持つか"ではなく“女性を満足させられているか”が問題です。

ですが射精までの時間が短いと、満足させられない可能性はやはり高まってしまいます。
平均を超えているからといって安心してはいけません。

また早漏にも種類があります。次のページではその種類を説明します。