PC筋とは?

ページ
トップ

PC筋を鍛える

最近、とくに若者に「膣内射精障害」が多いといわれています。
勃起の持続時間が短かったり、性行為の時に射精できなかったりといった症状が見られますが、

その原因と言われているのが「PC筋」です。

PC筋は、排泄をコントロールする筋肉である骨盤底筋で、
放尿中に力を入れるとおしっこを中断できる筋肉といった方が分かりやすいかも知れません。

実際、このPC筋に力を入れておしっこを中断する方法が、スクワットや呼吸連動法などといったその他の勃起力を高める運動法と一緒に紹介されているのです。

しかし、PC筋を鍛える以外の方法については、専門家に聞くと「効果がないとは言えないが、それらの方法は効率が悪いので薦められない」とのことでした。
また、勃起力を鍛えるのであれば、PC筋に重点を置いたトレーニングが最も効果的なのだそうです。

このPC筋を鍛えるスタンダードなトレーニング法は、
肛門を「5秒間締める」「5秒間緩める」
を繰り返すだけで勃起力アップに効果があります。
このひとつの簡単な運動だけでいいのですから簡単でいつでもすることができるのでおすすめです。
立っているときでも座っているときでも、どんな体勢でもできるので、自分に合わせて行うことができます。

「締める」「緩める」を10回1セット、朝、昼、夕、就寝前の4回行なうようにしてください。

まず最初は3ヵ月間を目標に続けてみましょう。
早い人では2、3週間で効果が実感できます。

このPC筋を鍛える方法は、「締める」「緩める」だけなので、デスクワークをしている時や通勤中といったオフィシャルな時間から、自宅でゴロゴロしているプライベートな時間まで、いつでもできるのがメリットです。

ただ、このPC筋は鍛えるのを止めて放っておくと、どんどん弱ってしまうのでトレーニングをやめると元の状態に戻ってしまいます。
「締める」「緩める」を一日40回、毎日の習慣にしてしまうくらいのつもりでトレーニングするのがいいでしょう。

PC筋のトレーニングは、勃起の持続力をアップするだけでなく、原因によっては早漏の改善につながる可能性も指摘されています。
例えば、自慰行為中に射精しそうになったらPC筋に力を入れて射精をとめる「寸止め」トレーニングに応用すれば、早漏改善のトレーニングにもなります。
また、排尿時に尿を中断する方法は尿の逆流で尿路感染症を引き起こす可能性があるので注意が必要ですが、射精前の「寸止め」は特にそうした問題もないので実践してみるといいでしょう。

PC筋を鍛える関連ページ