世界の早漏の考え方

ページ
トップ

世界のあらゆるデータの平均値

日本人は決して性に奔放ではないかと思われがちですが、実際はどうなのでしょうか?
また、セックスに対する様々なご質問を世界の平均を含めご紹介していきたいと思います。

調査内容
  • アンケート対象国・・・26ヵ国
    アンケート対象人数・・26,032人(うち日本人1,090人)
    調査方法・・・・・・・インターネット調査
    調査元:Durex Sexual Wellbeing Global Survey(デュレックス・セクシャル・ウェルビーイング・グローバル・サーベイ)
週に一度はセックスする?

1位ギリシャ 89%
2位ブラジル 85%
3位ロシア  83%

世界平均   67%
日本(最下位)38%

一回のセックスにかける時間は?

1位ナイジェリア 24分
2位ギリシャ   22.3分
3位メキシコ   22.1分

世界平均     18.3分
日本(21位)  16分

前戯にかける時間は?

1位スイス   23.3分
2位メキシコ  22.8分
3位ポーランド 20.7分

世界平均    17.6分
日本(17位) 17.7分

前戯の長さに満足している?(YESと答えた人の割合)

1位メキシコ 67%
2位ギリシャ 63%
3位ブラジル 63%

世界平均   53%
日本(最下位)21%

という結果となってしまいました。
ご覧のとおり日本は世界的に見ても、非常に低い数値である事がお解かりいただけるかと思います。

また、セックスは大切なものですか?という問いにイエスと答えた人の割合は、ギリシャが80%に対し日本は僅か39%と、こちらも低い数字となっており、少子化の問題を抱える日本では頭の痛い問題です。
まずは相手をきちんと満足させられる様に努力する事が大事だといえるでしょう。